2004/04/29 ひたすら走ったR424、美山村

rindoh
2004-04-29 21:00

 今回はcancanさんのお誘いでR424を美山村まで、そこから和佐までのコースをご一緒しました。
cancanさんは自走されるとの事で私も自走にチャレンジしました。しかし150kmを越えるコースは学生時代以来なので着いていけるかどうかが心配でした。

 当日朝早くに目が覚めたので日の出直後に出発することにしました。ここから慈尊院までどれくらいでいけるでしょうか。

 夜明けの日差しを受けながら出発自宅近くの池で朝日が綺麗でした。R24は大型が結構通っていたので風の森まではいつもの旧道。 五条を過ぎ上野公園脇を通って南側に渡ります。

九度山のコンビニにはかろうじてcancanさんより先に到着でした。
慈尊院ではすでに九度山人さんが待っておられ、一息ついたところで出発です。
ここからR424まではゆるい下り基調のコース、駒井さんとの合流を考えると少し時間を稼いでおきたいところです。

 R424のオークワで食料調達したあとは海南金屋線までの途中cancanさんがヘキサ収集でした。
昔の龍神街道は今では和歌山野上線となっていました。

 海南金屋線は予想通りの登りでした。取り付きは特にきつくcancanさんと私は夏モードに変身です。
2つのヘアピンを回り、集落で折り返すと峠はもうすぐです。

 金屋で駒井さんと合流後美山を目指します。ここから白馬トンネルまでは再び登りとなります。
このあと90kmを越えた辺りから足が重くなりcancanさん、駒井さんについていけなくなり始め、九度山人さんとゆっくりマイペースで登っていきます。途中湧き水で体を冷やし気分一新さぁ頑張ろう。

 道の駅しらまの里で休憩後トンネル目指してひと踏ん張り。

 温泉までは当初の予定を変更、最短コースで抜け、待望の温泉です。ここで疲れを癒し残りのコースに備えます。

 帰りは日高川に沿って和佐を目指します。新しく出来たという蟷螂(かまきり)トンネルを抜け船津和佐線を駆け抜けます。この頃体調が回復していたのでアベレージを上げるため調子に乗って飛ばしました。(みなさんごめんなさい)
  和佐到着 18時30分過ぎ、50分の電車には間に合わないので食料調達のため御坊まで走ることに(ごめんなさいその2)
途中交通事故に道を阻まれたりして御坊着19時過ぎ、ところが駅前は何も無い!駅の売店も閉まる直前。
我々が輪行の準備をしている間にcancanさんが食料調達をしてくれたのですが予定していたビールが無い!

和歌山で九度山人さんと別れ、天王寺で駒井さん、cancanさんとお別れして 楽しい一日が終わりました。

自宅付近の池で朝日を受けて出発です。 R24を離れ上野橋から犬飼橋を望む 野尻にて
和歌山野上線(龍神街道)
 

海南金屋線び入るととたんに上りになります。


一つ目のヘアピンを登ってくる九度山人さん

 
まだまだ続きます 二つ目のヘアピンの手前 別所の集落からの景色 九度山人さんも颯爽と駆け抜けます
 
扱沢の集落
最後のターン
ピークに到着 九度山人さんお疲れ様
でも嬉しそう
 

ここからは金屋まで下りを楽しみます。
苦労して登ってきたのがあっという間に終わってしまいますがこれが峠越えの楽しみかも。


金屋の役場で駒井さんと合流。美山村を目指します。

 
道の駅しらまの里の手前 白馬トンネル出口    

美山村からは時間も押していることもあり当初の予定を変更最短コースで行くことにしました。
打尾隧道を抜け愛川(あたいかわ)に沿って椿山ダムへ抜けます。
打尾隧道手前の日高川

 

打尾隧道に到着。これを抜けると温泉はもうすぐ?      
最後の隧道を抜け、猪谷川沿いに温泉を目指します。 温泉到着
ここはもと学校ということで隣にはプールがありました。
出迎えてくれたご主人は昔自転車旅行をされていたそうです。
  鍵原隧道    
   

帰りの車中にて。ビールは無かったものの皆さん走りを堪能され満足そうな顔してるでしょう。

評価点数: 0 (0 件の投票)

この記事にコメントする