2004/04/03 淡路島 きれいもんツアー

rindoh
2004-04-03 21:00
 桜も咲き春たけなわの一日。奈良からは遠い兵庫県明石へ skuram氏主宰のきれいもんツアーに出かけてきました。
早朝のJRに乗り明石まで輪行。駅に降り立ったときには手前から走ってきたcancanさん、レオさんがすでにくつろいでいました。
 自転車を組み立てコーヒーを飲んでいるところへTETUさん他メンバーも集結。たこフェリーへ向けて出発です。
今日のメインはいつもの「旨いもん」ではなく「きれいもん」との噂。その真相はいかなるものやら興味のあるところです。

 skuram氏の企画は女性参加者がいるのでいつも羨ましく、いえ 憧れていたのですが今日も予想通りたくさんの女性が参加の様子でした(^^ゞ
駅ですでに2名の方がおられました。
(面識が無いので名前も分からず...)

 たこフェリーは数少ない淡路島へのフェリーの一つで明石海峡大橋の下をくぐって岩屋へと向かいます。
フェリー乗り場では昨年の明日香鍋でご一緒した大黒屋さん、レジーナさん、ジョナサン君と合流。 

岩屋港へ到着、船から下りるとseafrontsさん、るみさんとそのお嬢さんがお出迎えでした。
これで最初のきれいもん 6名が勢ぞろいでした。

 道の駅 あわじで自己紹介。ようやくきれいもん 6名のお名前が分かりました(^^ゞ

 途中のコンビニで買い物を済ませ 次のきれいもん 花さじきへ向かいます。
潮風を受けながら西へそして南へと走ります。今日のコースは海岸を離れると登りが続くためその前に海岸で昼食を済ませることになりました。最近は山を見ながらが多いのですが海を見ながら食べるのもいいですねぇ。

 昼食の後、いよいよ花さじきへ向けて登りです。
桜の木を見ながら登り、最初の休憩場所、常盤ダムへ到着。
皆さんが談笑している間に周りを散策。桜の木で1枚パチリ。

ダムを出てからは里山の中を登ります。
途中レオさんのパフォーマンス(詳しいことは省略)もあり楽しく登ります。

途中 ミニ牧場がありちょっと休憩。ポニーや馬を相手に皆さんくつろがれていました。
少し先の見晴らしのいい草地で記念写真を撮ったら花さじきはもうすぐそこでした。



 花さじきではskuram氏の失踪事件に始まりましたが、何のことはない 一人だけ手前から入ったのでした。
今日はきれいもんツアーでしたが 旨いもんもありました。 淡路特産 びわソフトクリーム、早速手を出していたのはレオさんでした。散策のあと 大黒屋さんの手作りおはぎ。やっぱり旨いもんからは離れられませんね。

 一面満開の中 いつもはオジサンばかり撮っているカメラにもきれいもんをいっぱいあげました。
こういうのもいいなぁ。

 ひと時過ごした後 明石へ向かう皆さんと別れ cancanさんと二人 津名から船旅をするために別行動をとらせてもらいました。
 海岸まで下りを楽しんだ後は強烈な向かい風の中、先頭交代しながら津名目指して走ります。国道を極力避け旧道を走ったので車が比較的少ないのは救いでした。



 津名では1時間ほど時間があったため Webで見たお菓子館を探しに行ったのですがなかなか見つからず 市内の和菓子屋さんで聞いてようやく着いたら聞いていた通り大きな店はつぶれており隣で土産物を販売しているだけでちょっとがっかりでした。

 お土産を買って港へ戻るとすでに入港しており後は乗船を待つばかり。ここでお揃いのフロントバッグのお仲間に会ったのですが岸和田の方でなんと淡路南岸を含めた120km位を6時間で走ってこられたとの事。毎日50km以上自転車通勤をされているとの事で二人で納得。
 船内では窓際の席で二人でビール、95分の船旅を楽しみました。
泉佐野港で岸和田の方と別れ電車の人となりました。

 自転車に乗っているより電車、船の時間が長い面白い一日でした。


天気も良く船上では屋外デッキで

景色を楽しみました。

タコフェリーに乗り込みいざ淡路へ 橋の向こうが岩屋  
タコフェリーは明石海峡大橋の下をくぐります。
下から見る橋はでかい。

橋をくぐると岩屋港は

あとわずかです。

  明石海峡大橋通過前 通過後  

船を下りたらseafrontsさんがお出迎え。
みんなそろって道の駅へ。
道の駅到着 ここで簡単な自己紹介 さぁ 出発。まずはコンビニで食料調達。  

海岸線を快適に走ります。

登りにかかる前にエネルギーチャージ。
海を見ながらお弁当。
どこまでも行こう~    

食後の団欒も終わり花さじきへむけて出発。
  二人は何を見てたのだろう? 登りに差し掛かると桜のお出迎えでした
最初の休憩場所、常盤ダムに到着です。
皆さん 頑張ってます。
二人で仲良く 休憩、休憩 みんなが話しているうちに1枚撮ってきました。 ジョナサン君もカメラマン

休憩後も登りは続きます。
でも里山の中をのんびり走ります。
嬉しそうな顔 二つ    
  今日も見せてくれました    
       
ここまで来ると上りも一段落。みんな快調に走っていきます。
苦しくったって、カメラを向けたら平気なの。 振り返るとそこに..    
中待のターンで一旦集合 再び桜がお出迎え 夫婦でRun 親子でRun。いいなぁ。
途中に見つけたミニ牧場で休憩。
ポニーや馬にみんな癒されます。
    レジーナさんは馬に餌をあげてました。
反対側の牧草地をバックにみんな気分は北海道の写真を撮ってます。
(あっ ばらしちゃった)
馬もご機嫌のよう ジョナサン君はちょっと恐々でした    

ようやく花さじきに到着。
菜の花と淡い紫の花がさいていました。
一面の菜の花、一面の菜の花...
やっぱり旨いもんもありました。淡路特産びわソフト     撮影の裏側紹介。
いいの撮れたかな

いつも男性陣ばっかりですので 今日はカメラも嬉しそう

来年のカレンダー用でしょうか。
cancanさんいいの撮れましたか?
 

この後 みんなと別れてcancanさんと二人旅。津名の港まで飛んでいきました。
いやぁ 向かい風のきつかったこと。途中で出会ったツーリストは無事に洲本まで行ったかな?

下船の準備。津名で出会った岸和田の方もおそろいのフロントバッグでした。
後は電車で帰るだけです。
お疲れ様。
船上でくつろぐcancanさん 関空が見えてきました。
今 Take Off
   
評価点数: 0 (0 件の投票)

この記事にコメントする