葛城古道亀らポタ

rindoh
2002-09-15 21:00

2002年9月15日

三連休の真ん中、奈良へ帰っていたこともあり、初秋の風景を眺めに走りました。
今回同行いただいたのは 雨男さん、FSRさん、cancanさんのお三方です。




今回は屋敷山公園の駐車場に集合、車を避けるために屋敷山公園の脇を上の道へ向かいます。
葛城山ロープウェイ乗り場への道まで登ればあとは葛城古道です。
駒方神社、番水の時計、九品寺、楢原のコスモス畑、一言主神社、長柄神社、住吉神社、高天彦神社、橋本院、高鴨神社と足を進めていきます。






車も少なく、まだまだみんな余裕です。
ちょっと曇り空で肌寒いくらいでした。


駒形大重神社での一駒


3人でなにやら相談事です。


水を公平に分配するための「番水の時計です」
この後FSRさんが格好のモデルにされたのはいうまでもありません。


あわてて降りてきたFSRさん


二人でコスモスを前になにやら密談でしょうか。あっ単にデジカメを覗いていただけですね。


コスモスを前にカメラを覗くcananさん。レンズの向こうに何が見えているのでしょう


高天彦神社への道
急な舗装路を避け、急な地道を選んだつもりがコンクリ舗装でさぁ大変。クリートの方ごめんなさい


急な登りもいよいよ終わり。心なしか笑みを浮かべるFSRさん。うしろでcancanさんも一休み。


高天彦神社の杉並木で。
「しんどかったね」
「どこが、ポタやねん」
と 言っていたかは分かりません


高天彦神社の側にある鶯宿梅
花の頃に訪れてみたいです。


杉並木を颯爽と走るFSRさん


杉並木を颯爽と走るcancanさん


お決まりの記念撮影
左手に後方にあった木が倒れてすっかり様子が変わりました。



橋本院へ向かう道は黄金の原になっていました。下界より寒い分、稲刈りも早いようです。


ガード付き2台、橋本院を望む


最後は高鴨神社。紅葉にはまだまだです


ほんのり色づいていました。11月になると一面色付くことでしょう。


この後 御所市内に戻り、遅めの昼食後、cancanさんと別れ FSRさん、雨男さんを途中まで伴走してからもう少し彼岸花を探してみたところ、水越峠へ向かう途中にようやく見つけました。
残念ながら夕方で光量不足の上、フィルムもおしまいとなってしまいました。

彼岸花もわずかに時期が早く一面の景色は見られませんでしたが、のんびりカメラ片手に走る「亀らポタ」という名称が出来ちゃいました。
紅葉の頃、また のんびり亀らポタしたいものです。

タグ: 彼岸花, 葛城古道
評価点数: 0 (0 件の投票)

この記事にコメントする