• 亀ポタ 玉川峡
     今年は紅葉があまり芳しくないような話しをあちこちから聞いていますが、それでも行って見ないと分からないということで夏に高野山へ登ったとき通った丹生川沿い、玉川峡へと足を運んで見ることにしました。  今回はcancanさんと九度山人さんがご一緒して下さることになりました。九度山人さんは下見もしてくださったとの事で見所を案内していただけました。(多謝)  集合は橋本橋としておき 私とcancanさんはそれぞれ自走で向かうことになりました。  朝6時半過ぎに出発。途中で日の出を拝み、写真をパチパチ。 前日に購入したデジカメの試運転です。  例によって風の森までは旧道を上がったのですが途中で見える金剛山には下の方に霧がかかっているように見えました。  風の森峠を下り始めると辺りは見る見るうちに白い霧に包まれていきました。サングラスの表面や、衣服は瞬く間に湿り先行きを心配しましたが、日差しはあるようですので「そのうち晴れるだろう」と勝手に決めつけ先を急ぎました。  下っている最中フロントバッグの携帯がなっているようでした停車しずらかったのでとらずにいたら前方に見たことあるような姿が...コンビニの前にcancanさんが立っていました。ほんのすぐ近くで携帯がなっていたのでした。 cancanさんは私の時間からここらで迎撃できるだろうと予想し待っていたそうです。お見事でした。  ここで食材を購入、九度山人さんが待つ橋本橋へ先を急ぎます。紀ノ川を渡り進みますが川面から立ち上る霧のせいで視界は良くなくひたすら先へと急ぎます。  橋本橋到着、8時10分。交差点の向こうに自転車と人影が見えました。信号が変わりそちらに向かうと 某掲示板の写真で拝見したお姿が。 挨拶を交わし、一時歓談の後いよいよ出発です。  しかし 霧はいまだに濃いままでした。霧の中、R371を進むのですが今日はやたらと車が多い。なんでも高野山でクラシックカーのイベントがあるらしく県外からの車が続々とやってきます。この先の苦労も知らずに... 9時頃になりようやく霧も晴れ日差しが差し込んできました。そのかわり 11月とは思えないような暖かさに悩まされ始めましたが。 名も無き峠を越え下り始めます。時折木陰に色付いた葉が見えていましたが、丹生川沿いにたどり着くと少し色をつけた木々が目に入り始めました。 橋本橋~名も無き峠   さぁ出発。でも霧が深い なかなか晴れてくれません 少ししんどそう.. 日差しと共に元気も 今日は快調、cancanさん 木漏れ日の中を行く 紀ノ川はまだ霧の中でした 峠まであと一踏ん張り 名も無き峠~宿(やどり)   待望の下り 下る 下る まだ下る ようやく色付いた木々がありました cancanさんが狙っています。 狙っていたのはこの木でした 宿の橋の上で 宿~清川橋(廃校)~玉川峡への分岐   亀ポタですから、こんな写真もあります   出発時間を早めにしてあったので時間にも余裕があり清川橋まで足を伸ばすことになりました。 丹生川沿いに景色を眺めながら走り続けます。途中 宿(宿り)で休憩。ここは 土日祭日に入浴が出来るところがあります。このあと河合橋を過ぎ登って行くと清川橋に到着です。ここには今は廃屋と思われる建物があります。きっと昔は高野山へ上がる人を相手に商売をしていたのでしょう。 お昼時間にちょうどいいこともありこの上にある廃校前の橋の上で食事となりました。 cancanさんのストーブでお湯を頂き私は暖かいコーヒを、cancanさんと九度山人さんはココアを楽しみました。 ...