• 地蔵峠からあらぎ島へ
     和歌山県有田郡有田川町清水にあるあらぎ島の棚田へ行くには国道480号を経由して行くのが簡単ですが地蔵峠を越えて行くと車の少ないのどかな道を行くことが出来ます。コースは南海九度山駅まえから道の駅あらぎの里までとしています。   九度山駅前からR370を上っていくと矢立に茶店があります。手前には公衆トイレもあります。ここからしばらくは下りになります。途中の田んぼは田植えがすんでいました。2009年にあらぎ島へ行った時は花園美里トンネルを通りましたが今回は旧道で地蔵峠を目指します。トンネルの手前から左へ入ります。ここからピークの地蔵峠の石碑までは小さな崩落や倒木が多く通行には注意が必要です。どうも車はトンネルの南側から上がっているようです。今後道は悪くなっていくかもしれませんね。地蔵峠の石碑はこれです。この石碑のせいでここを地蔵峠と思いそうですが地図をみると地蔵峠はここではないんですね。ここを過ぎてすぐに右へ入る道があり、そこには休憩スペースも出来ています。ここから少しアップダウンを繰り返すと地蔵峠に到着です。今回は左手前の道から左奥へ進んでいきますが、昔は左の写真の右側から左手前へ抜けていたのではないかと思います。名前の通り、小さなお地蔵様がまつってありました。ここからの下りは里山の中を通る道が続き快適に走ることが出来ます。路面の状態も悪くはありません。沼谷の集落を過ぎると少し登りに転じ、やがて大沼隧道が現れます。このトンネルが出来るまでは山越えだったんでしょうね。トンネルを抜けてさらに進むと道路脇に「かんじゃ山椒園駐車場」の看板がありました。小さくて見逃しかけたのですが、右手を見るとお店らしき物が見えました。「田舎cafeかんじゃ山椒園」さんでは山椒を使った食事がいただけます。このルートには食事の出来るところが少なく、道の駅はだいたい混んでいますのでここはおすすめです。(詳しくはこちらをどうぞ) ここからあらぎ島まではあとわずか。 ...