椿

  • 椿井峠
    平成10年10月10日、風のたよりへ遊びに来てくれている方々と椿井峠へ走ることになりました。今回のメンバーは 乾さん大鳥さん中尾さんUGさん小宮さんcancanさん輪童 の7人となりました。実は乾さんとは5月にも約束していたのですが雨で中止、9月は台風で私の不参加となり3月以来のご一緒となったのです。  集合の顛末 当日朝9時近鉄室生口大野駅に集合だったのですがいきなりの大波乱。実は当初車組みは青蓮寺ダムにデポということだったので前日に私が「名張集合でもいいですよ」なんて書きこんだのが波瀾の始まりでした。 9時前に駅に到着。自転車を組み上げみんなの到着を待っていました。9時になっても誰も来ずちょっと不安。 青蓮寺からくるということは165号を走っていけば途中で合流できるぞと考え9時10分頃駅前を出発。 ところが行けども行けども出会いません。もしかするとみんなは名張の駅で待っているのではないだろうかと不安になり急いで向かいました。 名張駅到着。ところが誰もいません。「げっ!」やっぱり大野だ。と言うことで急いで戻ります。来るときは多少ゆっくり目でしたが帰りは体力を残しつつ急ぎます。 10時10分頃大野駅に到着。いました、いました。みんなは私の到着が遅いので自宅に電話を入れたりしてくれていたそうでした。 しかし平成10年10月10日10時10分頃合流というのも何かの因縁でしょうか....余談:   帰ってからボードを見ると私が寝た後にデポは室生ダムにすると書いてあったのでした...  出発 初顔合わせの方々と挨拶をすませ、出発です。コースは右の地図の黄色のラインですが室生寺を過ぎてから掛までに間は不確かです正確なルートを知りたい方はcancanさんにメイルでお問い合わせくださいね。今回のコースは途中食料を補充できる所が少ないということで駅前のお店で買い込んでいくことになりました。小さなお店だったのでおにぎり、弁当はあっというまに売りきれとなってしまいました。おはは、おばちゃんもビックリでしょうね。 室生寺へ向かう 駅前から165号の下をくぐり室生寺へと向かいます。 先頭はうわさの強脚 cancanさん、軽めのギヤをくるくる回しどんどん先へ進みます。 あまり走ってないといってた小宮さんはおニューのMTBを駆ってcancanさんの後を追走していきます。 (余談ですが小宮さんと私は同じシャツに色違いのパンツでいきなりみんなに「出来ている」と肴にされてしまいました)  室生寺は先日の台風7号で五重の塔が被害を受け大変なようです。 室生寺を後にしばらく登っていくと途中から左手の道へ入るということ。それがまた結構きつい坂でした。 次々と息を切らせながら登ってきます。えと 私より先についた人、写真がありません(^_^;) 日差しは無いものの額からは汗が落ちます。でも休憩で立ち止まると寒いくらいの天気でした。  今井へ向かうやっぱり秋ですねぇ。道の両側にはススキが穂をなびかせています。これで空が青かったら綺麗だったんでしょうけどねぇ。 このあたりは坂も多少ゆるくなりみんな団子で回りの景色を楽しんで走ることが出来ました。 走りながらのおしゃべりも楽しいものです。  峠の上の休憩ですが中尾さんの愛車の泥除けの具合が悪いということでさっそくメンテナンス。う~ん、ツーリストですねぇ。 みんなが遠巻きに様子をうかがっています。 最初の峠を越えてしばらく行ったところに展望の開けた場所を発見。お昼にすることに決まりました。 回りは秋の景色へ模様替えの真っ只中。ススキも穂を広げています。これで真っ青な空が開けていれば... いえいえ贅沢は止めましょう。走れたんですからね。こで自転車談義、パソコン談義、インターネット談義と話はつきません。インターネット談義にいたっては平均年齢40位のオジさん7人ですから行きつくところはお決まりの話題となるんでした... お決まりの記念撮影です → 後列左より小宮さん、乾さん、大鳥さん、私前列左より中尾さん、UGさん、cancanさん 食後のダレた体に鞭打って再び進みます。少しばかり登り下りを繰り返した後、一気に下り道へと入りました。7人が一列になって右へ左へと大蛇のごとくうねりながら進みます。途中道の真中にくぼみがあり冷やっとする所もありましたが無事に掛までダウンヒル完了。聞いたところではメータはMAX65Kmとのことでした。 椿井峠へこのあと今日のメイン椿井峠へのアプローチへと続きます。くだりで冷えた体にいきなりの上り坂はこたえます。 この道は旧今井林道、現在は赤目・掛線とのこと。これから登る椿井峠も20年前には未舗装の峠だったということです。 今井から登り始めると右手には兜岩が姿をあらわしました。このあたりは室生火山郡の影響でしょうかこれ以外にも鎧岩など奇岩が多く見られます。道端にも柱状節理を思わすようなところが見うけられます。 我々は兜岩を後に登りつづけるのでした。    しばらく行くと前方でcancanさんが自転車に前でごそごそしています。 なんでもペダルが外れたそうです。この方の脚力はチタンのフレームはいわすは、ペダルをいわすはいやはや恐れ入ります。cancanさんは相変わらず好調に走り見る見るうちに視界から消えていきました。小宮さん、UGさん、乾さんも消えていきました。根性(意地?)で押すことだけはせんぞぉ~と心の中で考えているのですが押すまでは時間の問題でした。 踏ん張って登っていると目の前にザーザー音を立てて綺麗な水が落ちています。自転車を止めさっそくその水で顔と手を洗います。冷たい水がほてった顔や手に気持ちがいいのでした。そばでは親子が車を止めてくつろいでいました。 そうこうしているうちに大鳥さん、中尾さんも到着。3人でしばし休憩。 塩ビのパイプが地中に埋め込まれていた上に、ここは兜岩への登山口であるらしく手作りの表示が立ててありました。きっと登山者の水場だったのでしょう。 ...