YouTube に DEBUT!

流行り物は一応は関心を持つのですが、手を出すかどうかは別物。
YouTubeも見ることはありましたがアップするには至りませんでした。

が、しかしとうとうやりました。
撮りためた写真をAlbum で掲載していますが、あれってみるとなかなか面倒なんですよね。スライドショーがある物もありますが、いったんはサイトを開いてからでないと出来ません。また大部分は無音ですので飽きやすいんですよね。

最近自治会で撮った写真をスライドショーのDVDに作ったりしてたことも有り、
BGM付きのスライドショーを作るのにはまってました。

先日ソースネクストから出ているFASTCUTと言うソフトを購入したのですが本来は動画のリミックス用ですが静止画も扱えることも有り使ってみたら結構面白い。

と言うことで作った物を YouTube にアップしてみました。

YouTube 内で camepota で検索して下さい。(もしかして cameota と出ますので注意して下さい)

葛城山麓で撮りためた写真をこれからもアップ予定です。写真とは違った楽しみ方を試して見て下さい。

ショック!!!

今朝は頑張ってSD1merrillとsdQuattro の2台体制で走ってきたのに、それなのに。

帰ってからSD1merrill の CFカードが破損してしまいました。
撮影直後は画像の確認は出来ていたので、カメラから取り出す時しか考えられません。うかつにも電源が入ったままだったのです。
電源が入ったままでも滅多に破損することはないのですが...

久しぶりに使ったので機嫌が悪かったのでしょうか...
50枚くらい撮ったのになぁ。サルベージを試みてはいますが、望み薄そうです。

今日ははよ寝よ

レーザー彫刻機 小 その後

最近は作業のしやすさや排気の点から大きい方ばかり使っていたのですが、小さい方も排気ダクトを取り付けました。その代わり短いダクトなので出窓に設置しました。これも長いダクトを買ってくれば自由度は上がります。
また窓側の取り付けパーツは共用できるので大きい方をこちらに持ってくることができます。

で、設置した様子がこれ。

窓に見える白いパネルにダクトがつながっています。

後ろ側はこんな風になってます。
排気用ファンに直接ダクトを接続しています。

この状態で強めに焼くと煙が排出するのが見えますが、今まで使っていた活性炭フィルターも部屋の中が煙たくならなかったので結構効いていたようですね。

欠点はPCと離れたので作業がやりにくくなったことです。横にノートPCおこうかなぁ。

自動測定テスター

最近こんなものを買ってしまいました。
簡単に言うと抵抗、キャパシター、半導体テスターです。
測定端子に素子を固定しボタンを押すと種別や特性が自動的に測定されます。

最近のデジタルテスターでもキャパシターを測定することは出来るのですが、トランジスターを自動判別出来るのはいいですね。

測定内容は
抵抗、キャパシターは数値、
ダイオードは極性と順方向電圧、
トランジスタは極性と増幅率とVbe(Vf)、
ツェナーダイオードは降伏電圧と順方向電圧、
サイリスター、FETも判断出来ました。
(サンプルが少ないので詳しいこと不明でしたが)

素子が壊れていれば状況によっては他の素子と誤認することもあります。

電源に9Vの006Pを使用するのですが、電池を用意するのも面倒なので手元の9VのACアダプタを接続したところ、非安定化電源だったので12Vがかかってしまいました。
一瞬慌てたのですが、なんと自分自身で電源電圧を認識していました。

並行輸入品なら安いのですが組み立てケースが付属しているのでこちらを購入しました。
ケースの組み立てはちょっと面倒でしたが、自分で用意することを思えばありがたいですね。

手持ちの古い素子をこれで全部確認し、不良品の廃棄と取捨選択を一気に行えました。

我が家の枇杷の木

毎年毎年たくさんの実を付けてくれます。
施肥するわけでもなく、摘果するわけでもないので味はそれなりですが、毎年この時期の楽しみになっています。

昨夜の雨が産毛に残っていました。