ページプリンターを導入しました

顔料プリンターとして使っていたCANON iX7000 ですが、メーカーの修理受付も2019年に終わっており、壊れたらおしまいの状況です。黒のヘッドが1ドット怪しくなっており、後継を探し始めていました。

ところが顔料インクのプリンターは種類が少なくCANON ではPRO-G1くらいしか見当たりません。このモデルは10色インクなのでランニングコストも高くなるのは予想できます。
EPSON だとPX-S740 というモデルが値段も安くあるのですが、個人的にEPSONはいい思い出がありません。またこのモデルは2014年発売とビジネスモデルとはいえかなり古いモデルになります。
Brother からDCP-J4140Nという全色顔料インクのモデルも出ましたが、まだ予約の状況みたいですが。またこのモデルは¥32,000以上するようです。

ここで候補に挙がったのがレーザープリンターでした。
型落ちであれば値段も安いものもあり調べてみました。

1.RICOH SP C260L
2.Brother ジャスティオ HL-L3230CDW
3.NEC Color MultiWriter 5800C

この価格帯は発売開始が少し古いものが多いですが値段は手ごろです。
Brother と NEC はLED方式です。

RICOH は 後継機 P C301 が出ていますね。NECからは 今年 4C150 が発売されました。

これらをまとめてみるとこのようになります。

速度
片面
速度
両面
サイズ(WxDxH:mm) 重量 価格
RICOH
SP C260L
2017 20枚/分 4頁/分 400×450×320 約23.8kg 18000円程度
Brother
HL-L3230CDW
2018 24枚/分 8頁/分 410×461×252 約18.1kg 22000円程度
NEC
5800C
2016 23頁/分 16頁/分 420×481×347 約24.1kg 22000円程度
RICOH
P C301
2019 25枚/分 13.5頁/分 400×450×334 約25kg 32,000円程度
NEC
4C150
2021 31頁/分 19頁/分 410×430×255 約17.4kg 46,000円~

4C150 は高さはBrotherと同程度ですが奥行きが短く、重量が軽くなっていることが特徴です。

色々迷ったのですがこれから先を考えて NECの 4C150 を購入しました。
表には書いていませんが手差しがはがき20枚セットできることや初期トナーが1500枚(黒2500枚)なども決め手です。

試しに写真のプリントやはがき印刷などやってみたのですがファーストプリントは若干時間がかかりますが iP8730 よりは短いですね。
さすがに印刷時間自体は短くさすがはページプリンターですね。

さて宝の持ち腐れにならないようにどう使っていきましょうかね。

それにしても iX7000、まだインクが 1セットフルに残っているんですよねぇ。
買い替え早まったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です