α7で夜間撮影

フルサイズという未経験な素子サイズで夜間撮影がどれくらいか試してみました。
テストはいつもの玉手駅です。
jpegとRAWの両方で試してみました。レンズはSIGMA 100-300mm/F4.5-6.7を使用し、300mmの開放で撮影しています。

まずは全体像です。ISO100/jpegです。

次に中央のベンチ部分をISOを変えて切り出してみます。
まずは基準としてISO100/jpegです。

次はISO100/RAWです。

本体jpegの方は明るく仕上がっています。ノイズは見られないです。
夜間撮影なので次はISO800から行きます。SD1Mはこのあたりからつらくなります。
jpeg

RAW

若干粒状感が出てきていますが、私的には問題無いレベルです。
ここからが気になるところですね。

ISO1600/jpeg

ISO1600/RAW

1600は十分使えますね。

ISO3200/jpeg

ISO3200/RAW

3200まで来ると荒れてきますがまだまだいけます。RAWでノイズ除去をかければ十分いけそうです。

ISO6400/jpeg

ISO6400/RAW

6400ではjpegはかなりつぶれてきますがRAWなら現像次第でいけそうです。

ISO12800/jpeg

ISO12800/RAW

ここからは未体験ゾーンですがどうしてもと言うときは使えるかな。

ISO25600/jpeg

ISO25600/RAW

jpegはかなりつぶれていますがRAWは輪郭がかなり残っています。現像に気をつけたら使えるかな。

こうしてみると素子の大きさは大きな強みですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です