Delock 61795

またしても SD-CFアダプタに手を出してしまいました。
今回はmicroSDXC/microSDHC/microSDからCF typeIに変更する物です。

ネットではそこそこ速いような記述もあり手を出してしましました。
今日届いたので、早速テストをやってみました。
テストに使ったのはバッファローのカードリーダーとCrystalDiskMark 3.0.1です。

Raw1枚のサイズを想定し50MBのSequential Read/Writeを測定します。

比較として600x、400x(書き込みは200x相当)のCFを含めとClass10(32GB)です。
参考にDelockでClass4も計って見ました。

Seq.Rd Seq.Wr
 600x CF 18.665 17.159
 400x CF 17.613 15.083
microSD直接
Class10
19.090 11.186
CR-7100
Class10
7.427 3.360
Delock 61795
Class10
13.405 10.199
Delock 61795
Class4
13.068 8.774

こうしてみると400xのCFもそれほど落ちていませんが、USBカードリーダーの制限かもしれませんね。
CR-7100は3分の1近くに落ちていますが、Delockの書き込みは1割程度しか落ちません。
やはり高速ですね。

また 連続7枚の撮影を行い、撮影開始から書き込み終了までの時間も計って見ました。

600x CF 85秒
Delcok Class10 130秒

このやり方では撮影は1秒で終わるので大部分が書き込み時間と考えていいと思います。
そう考えると3分の2程度になりますね。

1枚撮影では
600x CF       15秒
Delcok Class10   20秒
CR-7100 Class10 25秒
と言うところでした。

1枚毎で見るとDelockなら 使えそうですね。

しかし3枚もアダプタ買うんならCFがもう1枚買えたなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です