レーザー彫刻機の遷移

考えた上に15Wのレーザーモジュールを購入しました。
これはダイオードレーザーでは最大クラスとも言えるもので、耐久性など未知数なところもありました。

また大きさ、重量が思った以上に有り、駆動系が持つか不安もありましたが、どうにか取り付けることが出来ました。

15Wの威力はさすがでした。3mmの桧材はどうにか切り出すことが出来るようになりました。

謳い文句通りステンレスに焼き付け流ことも出来ました。
左側の縦筋は焼きの失敗ですので無視して下さい。
拡大してみるとヘアラインに沿って焼けているのが分かります。
また石も焼けるということで試してみました。吉野川で拾ってきた石を焼いてみました。

拡大してみると文字の部分は溶けているようですね。
試してみたところ7000mWでもこの石は焼けましたが。当然ながら弱いですね。

15Wでもアルミを焼くことは出来ませんでしたが、カラーアルマイト加工されたものは表面を焼き飛ばすことで文字入れは可能です。

後はアクリルがどれくらい加工できるかですね。透明は無理でしょうが黒色が加工できると良いのですが。

今年は色々作ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です