メインPCの顛末

電源が入らなくなり一騒動したメインPCですが、急遽購入した中古のマザーボードが到着前になぜか復帰してしまいました。ここまでは前回書いたとおりです。

購入したマザーボードはASUS の H87M-E で、これまで使っていたのは MSI H81M-E34。両方の中身を比べると

MSI H81M-E34 ASUS H87M-E
Chip Set H81 Express H87 Express
メモリースロット 2スロット(最大16GB) 4スロット(最大32GB)
SATA3/SATA2 2 / 2 6 / 0
PCI Express16 Gen2 Gen3
USB3.0 6 6
USB2.0 8 10

H81 は USB3.0 を2ポートしか持たないのですが H81M-E34 は拡張しているようで 前後合わせて6ポートありました。

H87 はRAIDも組めるため SATA3 が6ポートあり、HDDのアクセスが有利になります。

メモリスロットが4ポートあるので増設しやすいのですがそもそもDDR3が既に品薄で高価ですからねぇ。 現在8GB積んでいるのでこれ以上増やしても効果無いかなぁ。

これらのメリットを考えてマザーボードを交換したのですが、Windows10 の認証が通らない!

ビルド1607 以降はMicrosoft アカウントに紐付いて再認証できるはずですが上手く行かない。プロダクト IDが無効の様なエラーコードが返ってきました。

いろいろやっても駄目でサポートに電話をすることにしました。
自作機でWindows8→8.1→10 にアップグレードし、今回不具合からマザーボードを交換した旨を伝えました。

8.0 のプロダクトIDを確認して問題無いことが分かり、調査のためにリモート接続したいと言うことで作業開始。
リモート操作にはLogMeIn を使っていました。

結果的には 8.0 のプロダクトIDを再入力することで認証が通りましたが、本来は不要なはずでシステム上に何らかの不整合が起きたのではないかと言っていました。

Windwos10(8.1も) を使う場合はMicroSoft アカウントでログインし、アカウントにハードウェアを登録しておくことをお勧めします。

また無償アップグレード等で以前の OS のプロダクト ID が分かっている場合は保管しておいた方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です