TENKER EX7000 PRO 微妙な仕様...

昨日 到着したのですが、製品レポートはこちらに詳しく書かれていますので省略致します。
https://zapanet.info/blog/item/3282

技適マークは箱の裏の印刷と本体下部にシールでちゃんとついていました。

残念ながら手振れ補正を掛けるとやはり画角が狭くなりましたので、光学補正ではないですが、室内でちょっと試した限りでは MUSON より良好なように感じました。
バッテリの持ちが短いとの評価も見られたので試してみたのですが、1920×1080 60P  カメラを静止した状態で、
手振れ補正ありで50分、
手振れ補正なしで65分 程持ちました。
移動しながらの撮影だともう少し短くなるかもしれませんね。バッテリーが 2個付属とはいえモバイルバッテリーの併用が必要なようです。
ちなみにこのバッテリー、今までの物(GoPro互換?)とは形状が異なり使い回しできませんでした。

それよりも大きな問題がありそうです。
どうも内蔵時計が電源を切ると止まるように見えました。
電源を入れて設定画面を見ると以前の設定のままなんです。
実際に撮影したファイルのタイムスタンプがどうなっているか確認を忘れたのですが、これはちょっと面倒かもしれません。
電源入れるたびに日時の設定をしないといけないとなると...

日曜日は市内の秋祭りもあるので雨が降らなければそのあたりも含めてテストしてみたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です