レーザーモジュール

性懲りもなくまた手を出してしまいました。
今まで使ってきたのは 5.5W、7W そして15W でした。
7Wと15W は焦点距離が固定のタイプでしたので素材の厚みが変わるとモジュールを上下に動かして調整していました。
私が使っている Laseraxe 社製は高さ調整ができたのでありがたかったですね。
これがそのモジュールです。500gもあるので重いです。

こいつの焦点距離は16mmであり加工中に状況を見るのが 大変でした。
そこで焦点距離の調整が可能なモジュールを購入しました。
それがこれ。

このモジュールは5.5Wとほぼ同一であり、ベースを使いまわせると考えていました。
12月10日にオーダーして到着したのが29日。年末ということを考えると速かったかなと思います。
しかし到着した箱を開けてみると出てきたのはこれ。

同じショップで扱っている15Wのモジュールですが、制御基板の大きさが全く異なります。それと写真の通り冷却用のヒートシンクが中空ではありませんでした。実際にモノを見ると周囲の溝が浅く、ファンの空冷効果が期待できないんですよね。おそらく在庫の都合でこちらが(高価です)が来たと思いますが、昨日はベースプレートを新たに用意して半日が過ぎました。

焦点距離が稼げるおかげで素材との間が広くなり煙も逃げやすくなったようです。それに先日付けたトイレ用排気ファンでかなり強力になったので煙の排気も良好でした。

しかしレーザー光が絞り込めるせいか加工強度の加減が変わったので加工時のパラメータを探り直しになりました。あ~大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です