串柿2005

ちょっと忙しくなっていたので2週間も間が開いていましたね。

17日にかつらぎ町の串柿を見に今年も行ってきました。
これで3年続けて4回目となります。
今年は蔵王峠の東側から行ったのですが、このコース取りだと時間的にきつく初回の訪問と同じく最短コースで回ることになったのですが思いもよらぬところで串柿に出会え結果としては満足でした。

で お決まりの亀クライムで始まりです。
メディアでは四郷あたりがよく出てくるし、実際来週の串柿祭りもこのあたりで行われるので私自身その辺でしか行われていないように思っていました。

ところが規模は小さいものの、嵯峨谷、竹尾の辺りでも行われていました。
あまり知られていないせいか訪れる人も少なくゆっくり写真も撮れ結果オーライ。

大畑の集落では朽ちたかやぶき屋根と柿の絵に児玉氏がカメラ小僧となっていました。

堀越癪観音の駐車場でお昼の後は山の中のショートカットを狙ってプチアドベンチャー、がしかし撤退でした。

中畑集落で再び串柿を撮影

最後に文藏の滝を見て帰路へとついたのでした。
この滝は岩の間を奥へと掘り進んで行ったような形になっていて表からは見えない滝なんです。


来年は神野の集落へ行きたいです。
山中からみた神野の集落はかやぶき屋根にとたんをかぶせた家が多くなかなか風情がありそうです。
また 今年の串柿祭りのポスターに使われたわらぶき屋根の家がこの中にあるとの情報もつかみましたのでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です