レコードプレーヤー

今日昼のテレビ番組でレコードのプレス工場が紹介されていました。細々とですが作り続けられているんですね。

我々の世代はレコードで育ったこともあり、手元にはレコードも残っています。
しかしオーディオセットはだんだん無くなり、いつしかレコードをかけることもできなくなっていました。

その後、手持ちのオーディオ機器につなげるようにイコライザーを内蔵したプレーヤーが販売されるようになり、2000年頃私も1台購入していました。

DENON DP-26F というモデルです。
しかし20年近くなり、ドライブベルトが伸びてきていました。
DENON(昔はデンオンでしたが今はデノンだそうですね)は今でもプレーヤーを販売しており調べると交換用のベルトも販売していました。
一応現行製品共通と言う事になっていましたが、ダメもとで購入してみたところDP-26F でも使うことが出来そうです。(まだ鳴らしていないので...)

そうなってくると針が気になります。それほど演奏時間は長くないとはいえ、もう摩耗している事でしょう。
交換針は DSN-81 という型番ですが、Amazonでかろうじて販売されていました。

が、結構高い。現行の DP-29F なら1万円以下で買えるのですが、針は 3,718円でした。

結構するなぁ、と思いながら見ていると

日本精機宝石工業株式会社 で販売されていました。

価格も 2,800円(税抜き)3,024円(税込)とAmazon より安い!
と言っても DP-29F と比べると微妙な価格ですが...
で、早速注文しました。
1月30日発送予定との連絡がありました。

これで復活なるかな。
(でも、上蓋の蝶番部分のばねが壊れて、無理やりあけるようにしてるんですけどね。早晩買い替えが必要かもしれない。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です