CNC 3018 Pro ソフトウェア編

今回購入した CNC3018Pro には ルーター用のソフトとして Candle が付属していました。このソフトはG-Code と呼ばれる制御コードを機械に送るソフトとなります。

実際に加工するためにはこの G-code で処理内容を記述したファイルが必要となります。G-code 自体はレーザー彫刻機でも使われているのですが Laseraxe に付属のソフト CNCC はイメージデーターから直接処理できたためあまり意識をしなくて済んでいました。

しかし Candle はG-code しか扱えないため何らかの方法で作らなければなりません。一般的な考え方では作図はCAD、CADで作成したデーターからG-code を生成するのはCAMということになります。

CAD では従来 Jw_cad がよく使われていたそうですが、最近では Inkscape が使われているようですね。Inkscape はlaser 彫刻でも加工用のイメージを作るの使っていました。 ところが Plug-in を使うとG-code も出力できることが分かり、最近は直接 G-code を作って試していたところでした。

Inkscape と plug-in で作る場合、アウトラインのデーターを作ることが大部分でした。物をカットする場合はアウトラインでもいいのですが、例えばスタンプのように彫り込む範囲が広いものは勉強不足かもしれませんが作れませんでした。

G-codeの作り方をいろいろ調べていると見つかったのが EASEL という Web ベースのソフトでした。新規アカウントを作成し、開いてみるとこのような画面が表示されました。

何度もやっているので右側の画面がちょっとおかしいのですが、こんな感じで左側で作図するとリアルタイムで右側にイメージが表示されます。
このソフトは inventables 社が販売している X-Carve、CarveyとShapeoko という CNC ツール用なのですが、メニューバーのMachine → Advanced Settings へ進むと G-code の生成と保存ができます。
ここで作成したG-Code をCandleに読み込ませて加工することができます。

試しに作ってみたのがこんなものです。

スタンプ風に彫り込んでみました。右側の画面はリアルタイムで拡大縮小、視点の変更ができます。

できたファイルを Candle で読み込むとこんな具合です。

Candleも視点を変えることができます。

3回に分けて彫り込んでいるのが分かります。
これで実際に彫ったものがこれ、

斜めから見ると

ミルのカット面の筋も見えていますね。MDF なので少し毛羽だっていますがアクリルや硬い木材ならもっときれいだと思います。
42mmx28mm、3回彫で深さ3mm彫るのに40分かかりました。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です