CNC3018Pro 改造

といってもたいしたことではありません。
実際に使用してみるとひとつ不都合な点がありました。それはビットの先端が見づらいということです。

スピンドルモーターの真下になるので部屋の照明では影になります。
横にスタンドでも置ければいいのですが、今は設置スペースが確保できず畳の上に板を引いて置いているのでそれもままなりません。

ということでビット先端を照らす証明をつけることにしました。

使用したのはDAISOで購入したUSB接続でフレキシブルアームのついた照明です。
アームを途中で切断しヘッドが大きいので分解。電源はコントローラーに12Vが出ているのでそちらを使用することにして12V駆動にするために抵抗を追加、小さなケースに収納してモーター取り付け枠の左側面にホットグルーで接着しました。

そうして出来たのがこれ。

見た目は悪いですが、モーターハウジングに取り付けているので高さを変えても常に先端を照らしているので加工状況を見るにも便利ですよ。
向きはある程度自由になりますので、蝶ネジに当たりそうなら動かせます。

電源を入れると照らしてくれます。

ビットの先端が明るく高さ合わせも楽になりました。
次はもう少し見た目を良くしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です