Z軸の原点合わせ方法 Z-Probe

私のCNCは2灯のLEDからの影を見てZ軸の高さはある程度確認できるのですが最終的にはシックネスゲージで調整していました。しかしこの方法は手間がかかるんですよね。

CNC3018Pro で使用しているコントローラー基板(Woodpecker)にはZ-Probe という機能があります。
これはヘッダーpinのA5を利用し、センサー用の基板を接続します。
ビットの下にこの基板を置き、Z-Probeをクリックすると自動的に基板表面でビット先端が止まります。
あとは基板の厚みだけ調整すれば加工対象表面を原点とすることができます。

私は厚さ1mmのアルミ板があったのでこれを利用しました。


アルミだと柔らかいのでビットの先端を痛めにくいのではないかと思っています。

ビット側はモーター側面にインシュロックで固定しています。

白いワニ口クリップですが接続するのを忘れて慌てるので固定しちゃいました。

これでZ軸の調整が格段にやりやすくなり、ビットを交換して複数加工するのも容易になったと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です