スコヤ

最近 CNC で遊ぶようになり、木材を切ったりすることが多くなりました。
そのためにテーブルソーを買ったんですけどね。
材料を切るときに直角に線引きしたいことが多くあり、今までは指金を使っていましたが、厚みがないのでちょっと扱いが難しいですね。

そこで見つけたのが「スコヤ」と呼ばれるものです。
台付きの指金のようなものを完全スコヤと呼ぶそうですが、結構いい値段してるんですよね。

まぁ精度が重要ですので仕方がありません。

45度の角度出しのできるもので止型スコヤと呼ぶものもあるそうです。

私の場合はそれほど精度を必要としていないのでもう少し値段の手ごろなものを探していいたのですが、近所のコメリで見つけました。

これだと直角も45度も出せます。値段も手ごろ軽量と良かったです。
ところが各辺の幅があるため 10mm 程度の材料にあてると作業台の上では使いにくいこともあります。台の端を利用して使っています。また一辺は 6㎝ 程度であり幅広の材料だと定規を使って引き直さなければなりません。

で、見つけたのがこれ。

でも懐具合もあり、買ったのはこれです。

もっと安いものもあったのですが、納期や評判からこれにしました。
定規部分は30㎝の長さがあり、スライド部分の位置によって調整できます。
スライド部分の厚みは 17mmで、片側は8mm程度ですので比較的薄い材料でもあてやすいです。

こうなってくると次に欲しくなるのは磨くことですかねぇ。
ディスクサンダーなら電動ドリルで何とかなりますね。固定台作ろうかな。

それと以前買ったテーブルソーは 15mmが限界なのですがもう少し厚みのあるものも切りたいときあるんですよね。
Youtube 見てたらジグソー使って切断用のベース作ってる人もたくさんいますね。
この人もいろいろ作ってるなぁ。
https://youtu.be/sTROUvjgha0

あれいいなぁ。私も作ろうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です