空調リュック

今年も梅雨明けと同時に暑い夏が来ましたね。
夏にリュックを背負って走るのは汗だくになりつらいですね。

モバイルバッテリーが高性能化してきたおかげで最近は面白い商品が増えてきましたが、夏に話題になるのは株式会社空調服 が出しているウェアの数々ですね。
しかしいくらエアーが出るといってもこれらを着て走るのは無理でしょうね。

商品を見ていると空調リュック COOL PACK というものがあります。
実は2年前に見つけて試してみたことを思い出して、今年使ってみることにしました。
COOL PACK には2種類あり 私が持っているのは KRKS01 の方です。

結論から言うと扇風機からの風のようなものを期待したらダメですが、効果はあります。

この写真は一昨日に空調リュックを使用して炎天下に1時間少し歩いた後の背中です。
肩口はベルトが当たっているので汗で濡れていますが、背骨周辺は腰あたりまで濡れていません。

運動量が増えれば発汗も増えますのでこの状態で済まないとは思いますが少しはましなのではないでしょうか。

付属するのはバッテリパックでニッケル水素電池が推奨されます。
Hi(4.8V) と Lo(2.4v) が選択でき、駆動時間は約 8.5時間と約44時間(エネループ2000mAh使用の場合)となっています。
8時間使えると日中の暑い間は持ちますね。

しかし Hi では結構ファンの風切り音が大きく、走っているうちはいいですがコンビニなどに入るときはスイッチを切らないとちょっと迷惑かもしれませんね。

オプションのリチウムイオンバッテリを使うと7.2V駆動とさらに強力になるそうです。しかも約10時間もつとな。

ちょっと値段もしますので駆動時間の延長を考えて5V 出力のモバイルバッテリでテストしてみました。幸い手元にファン側のプラグサイズが同じ USBケーブルがありましたので工作なしでテストできました。

5000mAh のバッテリでテストしたところ15時間駆動が確認できました。(夕食中に切れたのでこの後の時間は不明ですがバッテリーローの状態でしたのでそんなに長くないでしょう)

今度は18650 2本のケースで試してみようかな。

空調リュックには私の持っている 1型と幅が広くなった 2型がありますが、長さも異なり2型は少し短くなっています。(1型本体寸法 : 縦55cm、横51cm、 2型本体寸法 : 縦46cm、横62cm)

1型を使ってみた感想から 2型の方が効率がいいように思います。1型の場合細身のリュックが都合いいのですが長めなのでリュックの下にはみ出てしまいます。また排気ファンを巻き込みずらく少し開きます。

2型であればザックの幅も選択肢が広がると思います。

興味のある方はぜひお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です