Laseraxe CNCC V1.25

久々 レーザーネタです。

私が使っているレーザー彫刻機はLaseaxeの Desktop Mini Laser Engraver 35x50cm(おそらく互換品)です。

7000mWのモデルを購入し、15Wレーザーモジュールを付けて使ってみたりしたのですが、なぜか7000mWモジュールより加工強度が上がらず今は7000mWモジュールに戻しています。

この機械を使うにはCNCCという専用ソフトがいるのですが、2017年に購入したときはV2.53でした。その後CNCC2019V1.09 が出て、V1.11になり、V1.23が出たところアンチウィルスではじかれて使えない状況になりました。
V1.24もダメだったのですが10月初めにV1.25が出ていました。
今度もダメかなと思ったのですが、ダウンロードも展開もどうにか行ったので起動してみるとこんなエラーが出てしまいました。

原因がよくわからなかったのですが、同梱されている language.ini ファイルには中国語と英語が設定されているのですが、日本語Windowsでは中国語のキャラクターがおかしくなるためにそのままでは英語を指定してもうまく使えませんでした。今までは自分で修正したものを使っていたのですが、試しにV1.11で使っていたもので起動するとエラーが出なくなりました。

そこでV1.25のファイルを再び修正...V1.11のものがかなり使えたので助かったのですが追加された部分はとりあえず英語のままでいきました。

使い勝手はほとんど変わりませんが、一部メニューの内容も変わっているので慣れが必要かもしれません。

初回起動時には使用するモデルの選択が増えていましたが、XYの方向が逆になっていて慌てましたが、変数$3=1 (dir port invert mask:00000001)を2に変更することで対応できました。

そろそろ物づくり再開しますか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です