20W レーザーモジュール

私の買ったレーザー彫刻機は7Wモジュールのついた物でした。
それ以前に小型機で5.5Wモジュールを試したりしていたので手の届く範囲で最大クラスでした。

色々加工しているうちにもっと大きいものが欲しくなりましたがCO2レーザーは大きく重いなど手が出ませんでした。

しかし15Wモジュールが手の届くところまで来たので購入。固定焦点のものでしたがそれなりの強度も感じられました。
その後可変焦点のものも買ったのですが消費電力のわりにレーザー出力が弱いことに気づき、固定焦点の15Wと7Wを比較してみたところ15Wモジュールの加工能力が低いことがわかりました。おまけに可変焦点のモジュールは壊すし...

結局7Wモジュールに戻したのですが、YouTubeやblogを見ていると3.5Wモジュールでもいろいろ加工されている方を知り、加工方法を工夫していました。

7WでもMDFの切り抜き加工などできるようにはなったのですが、ここで発見したことがあります。

実は購入した彫刻機はレーザーモジュールの高さを調整できるものだったのですが、操作中に誤って破損し修理したのですが、この時にわずかにずれていたため高さを変えるとレーザーモジュールのY軸方向で角度がわずかに変わることに気づきました。そのため高さによっては繰り返して照射するとX軸方向で深堀がうまくできていませんでした。

 

このことに気づいたときはすでに遅く、おそらく半導体レーザーでは最高出力と思える 20Wモジュールを発注した後でした。

で先週末に届いたのがこれ。

可変焦点ですが先端から10mmで最高強度が得られるようです。
早速取り付けて試しました。もちろん高さ調整はずれが少なくなるように選び、フォーカス調整しました。

このモジュールの出力は7Wより強く2.5mm MDFの切り抜きや2mmの黒アクリル板の切り抜きがかなり短時間で行えるようになりました。

しかし高さ調整の制度に問題があることがわかりましたので、調べているとこんなユニットがありました。
スクリュー軸で高さ調整し、ガイド用のシャフトもついたもので、精度の高さが期待できます。

補修用の意味もあり早速注文し、届くのを待っています。

 

 

これが届いたらメンテナンスもかねてタイミングベルトも交換しようかな。こちらはアマゾンでもPrimeで買えるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です