Hな日

コロナウィルスの勢いはとどまらず、休日おとなしく自宅で過ごしているのですが、ちょっとした収入があったのでポチっと言ってしまいました。

これです。そう sd Quattro H です。発売開始されてからすでに3年以上たっています。隣の Quattro をを使っていたのですが、後継機は当面見込めそうにないので買いました。

需要が限られているせいでしょうか中古市場にも少なく、また Quattro の致命的な欠点であるシャッターダスト問題もあるため、新品購入としました。
今回もマップカメラさんで購入し、 Quatro は下取りに出します。

先取りで購入すると一時的に2台持ちになるのがうれしかったりします。

さて なぜ Quattro H を購入に至ったかというと

1.センサーサイズが大きい
APS-H サイズなので DGレンズの等価焦点距離が1.3倍です。
24-105mm は Quattro だと36-157.5mm ですが、H だと 31.2-136.5mm と
少し広角寄りになります。

2.温度耐性
Quattro は夏場の使用時にすぐに高温警告が出ていましたが、H に
なって改善されたようです。
まぁゆっくりしか取れないカメラなので、それほど支障はなかったの
ですが。

3.シャッターダスト
Quattroの致命的な問題としてシャッターダストがあります。
SIGMAでは構造的に完全には避けられないとし、クリーニングサービスを
無料で提供していました。(当初1年だったのですがどうも今でも言えば
無料のようです。)
Quattro H はシャッターが改良されたということですが、ネット上の情報
ではやっぱり出るようです。困ったもんだ。

だったら使わなければと思うのですが、 Foveon に取りつかれた身としては捨てがたいんですよね。

最近は気軽に撮れる α7Ⅱ の出番が多くなってきているのが気になります。

コロナがおちついたらどこに行こうかな。

そうそう、SD1 merrill では撮って出し JPG の画像はあまりよくなかったのですが、 H で試してみたらなかなかいい感じでした。

これは撮って出しjpg です。
撮って出しjpg

こちらは X3F から現像したものです。
X3F から現像

これなら使ってもいいかなと思います。でもそれなら α7Ⅱ で撮るほうが楽ともいえる。悩ましいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です