DAISO の 300円 USBミニスピーカーにUSB AUDIO を追加する

ネット上で値段のわりに音質が良いことで評判の DAISO USB ミニスピーカーですが、電源をUSBポートからとり、音源はアナログ端子から入力するものですね。

DAISO 300円スピーカーのその後

しかし、メインPCには Elecom の USBスピーカーを接続しています。

このスピーカーはUSB DAC を内蔵しているのでUSB ケーブル1本接続するだけで済みます。
木製シェルフで見た目が気に入っています。欠点は音量調整が内部アンプのアナログ制御ではなく、Windows上のレベルを変えることです。まぁ あまり問題ではないのですが、たまに設定が変わっていて慌てることがありました。

さて 本題に戻りますが、DAISO のスピーカーは内部も値段なりで空間が結構空いています。そこで、そこに USB DAC を組み込んでみました。
使用したのはこのモデルの一つ前のものです。

これを分解して基板をスピーカの内部に組み込み、USBケーブルを長いものに交換しました。大きさの問題もなく組み込め、ホットグルーで固定しました。

出力レベルが若干低かったのですが無事に動作しました。スピーカーの音量調節はアナログですので、Windwos上ではレベルの変化もなく扱いやすいです。

改造はうまくいきましたが使うのはノートPCくらいかもしれませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です