FIMI PALM 新ファームウェア V1124.01 で音質チェック

FIMI PALM の 新ファームウェア V1124.01 が7月17日にリリースされていました。
リリースノートには

[2020-07-17]
Camera Firmware V1124.01 :
1.Fix some known bugs
2.Support 4K for time lapsed video
3.Optimize audio quality

と書かれており、3.Optimize audio quality が気になるので早速試してみました。
V1121.02 との比較をSpectraLayers Pro 5.0 で行ってみました。

実はFIMI PALM で外部マイクを試してみましたで同様のことを行ったのですがたしかこの時はV1122.05 で行っていたと思われ、内蔵マイクの音はひどい状況でした。

V1121.02 では 7KHz くらいまで、V1124.01 では 6KHz くらいまで録音されています。V1122.05 では 4KHz くらいだったのでかなり改善されました。ノイズもV1121.02 より低減されているようで効きやすくなったのではないでしょうか。
驚いたのは LAVマイクを使った時です。10KHzくらいまで録音されていました。

外部マイクを接続したときに画面に表示されるようになったり、タイムラプスで4K30p が使えるようになったりと新ファームの機能も改良されています。

一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です