レーザーモジュール

2017年に初めて買ったレーザー彫刻機は 1Wのレーザーモジュールが付いていました。

最初に買った小型

それなりに彫刻できたのですがもっと強いものが欲しくなり 5.5Wのモジュールを購入しました。

5.5Wのモジュール

このモデルは加工サイズが約 70mm四方と小さく、大きなサイズが加工できる大型を購入しました。7Wのモジュールを搭載したモデルを奮発しました。

大型の彫刻機。 7Wモジュール付きで買いました。

ところで 5.5Wのモジュールは小型の筐体で使うには少々強すぎました。そこでオリジナルに戻したところなぜか発光しませんでした。壊したのかもしれませんね。

代替の2W

仕方なく 2Wのモジュールを購入し実装、その後はその状態で使用しています。
さて 7Wの方ですが数値通りに強かったのですが、木材をカットするには少々もの足らず、15Wのモジュールを購入しました。高かった...

巨大な15W

しかし思ったほど強くありませんでした。
1年後、別のタイプの 15Wモジュールを購入したのですが、残念ながらこちらも期待したほどではありませんでした。

可変焦点の15Wモジュール

おまけに色々実験しているうちに壊してしまうし...

いろいろ実験したところ 手持ちの中では 7Wモジュールが一番強力ということがわかり、このモジュールを使っていました。

その後 20Wモジュールが手ごろになってきたので購入。しかし 7Wの方が強かった...

さらに強力な 20Wでしたが

さらに 30Wモジュールを購入したが これも 7Wに敗北。

とどまるところを知らず 30W。

なぜ この 7Wはこんなに強いのか。もしかしたら光出力が 7Wなのだろうか?

欲望はとどまるところを知らず、とうとう 40Wモジュールを購入しました。

実は 30Wモジュールを買ったときに40Wモジュールもあったのですが高価でしたので我慢したんです。

このモジュールは Pro仕様ということでレンズに加工がされていました。
レーザーLEDは点光源ではないためフォーカスを合わせても長円になるため縦線と横線で太さが変わっていました。
このモジュールはFACレンズが使用されており、フォーカスを合わせるとほぼ点光源になり、エネルギー密度が高くなるというものでした。
 

さて実際に使ってみたところ予想通りに光が収束されました。
結果として木材の彫刻やカットが従来よりうまくできました。
これで今後の加工がはかどりそうです。

しかしこれまで購入したレーザーモジュールはいくらになるんだろう。

2021/4/9 40W ¥14,472
2020/9/4 30W ¥10,712
2020/2/18 20W ¥12,399
2018/12/10 15W ¥27,928
2017/11/24 15W ¥30,510
2017/5/7 2W ¥7,682
2017/3/9 5.5W ¥15,222
合計 ¥118,925

えらく使ったものだ...しかし 20W以降値段が急激に下がってますね。

(写真の一部は Aliexpress から引用しました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です